ゆる~くつながる新感覚コミュニケーション♪

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


SSL パスワード紛失

新規登録
言語選択



 携帯からCu-townを使おう♪
携帯電話から上記QRコードを読み込むとアクセスできます。
TOP  >  日記  >  hori  >  asterisk覚書  >  これが一番判りやすいぞ Asteriskインストール

hori さんの日記

 
2012
4月 10
(火)
13:48
これが一番判りやすいぞ Asteriskインストール
本文

昨日リストアップしたasterisk情報の中で、今回のシステム用件

intel386、CentOS、Asterisk

と照らし合わせた結果、一番わかりやすいのはこれ

http://ezitech.ezyent.com/2010/03/asterisk.html

以下内容

 

Asteriskをインストール - メモ

 

 

Fusionの提供するAsteriskクローズドβパッチをあててインストールするまでのメモを残しときます。

 
用意するもの
  • CentOS 5 (ネットインストール用)
  • Asterisk 1.4.26.3
  • chan_sip-1.4.26.3(FUSIONで使えるようにするパッチ)

 
パッチが必要な方は↓より申し込んでください。

 
とりあえずサーバ機は自社の販売促進に使っている中古パソコン
DVDが読めないのでcentosはネットインストールのものを選んでみた。

 
■CentOSのインストール
CentOS-5.4-i386-netinstall.iso ←ここからイメージをダウンロード
ディスクに焼いたら起動しましょう。

 
なんかFTPとかHTTPとか選ぶところが出てきたら迷わずに「FTP」を選択!

 
FTPのサイトは理研が速くてすてき★
 
サイト:ftp.riken.jp/
ディレクトリ:/Linux/centos/5/os/i386
 
GUIでインストールしようとするとなぜか固まるのでText Modeのままインストール
インストールするソフトとかを選ぶところにきたら欲しいものを選んでおきましょう。

 
インストールが始まると10分後ぐらいから進展が見え始める
全部で30〜40分ほどか書くみたいなんで、お茶でも飲みながら気長に待ちましょう。

 
■下準備
ごちゃごちゃならないようにディレクトリを作って移動しておく。
 
mkdir a
cd a
 
まず先に
yum update
でシステムをアップデートしておく。

 
次にいろいろコンパイルしてくのに必要な子達をインストール
yum install gcc gcc-c++ kernel-devel ncurses-devel
直接入力したりするのもめんどくさいので、
パソコンを2台お持ちの方はSSHをインストールしておい他方が、
コピペでペペッっとインストールできるので便利
yum install ssh

 
(FUSIONのパッチを使わない人や外部に公開したり外線につないでhogehogeしない人はスキップ)
FUSIONのパッチを割り当てて使う方はISPにGOLを使わないと逝けないってのと
NATの設定ヤらをいじるのはめんどくさいのでrp-pppoeを使ってpppoeのセッションを直接してしまう。
(Asteriskのインストール後じゃなぜかうまく逝かなかったからここら辺でしておくのが先決?)
 
tar zxvf rp-pppoe-3.10.tar.gz
cd rp-pppoe-3.10/src
./configure
make
make install
 
おわったら早速設定をしてしまう。
 
adsl-setup
>>> Enter your PPPoE user name (default bxxxnxnx@sympatico.ca) : xxxx@xxxx.xxx.xx [Enter] ---- xxxx@xxxx.xxx.xxはプロパイダから指示されたPPPoE接続名
   ::
INTERFACE
   ::
>>> Enter the Ethernet interface connected to the ADSL modem
For Solaris, this is likely to be something like /dev/hme0.
For Linux, it will be ethn, where 'n' is a number.
(default eth0): eth1 [Enter] --- PPPoEで接続するイーサネットインターフェース
   ::
>>> Enter the demand value (default no): [Enter] ---- 自動切断の時間。通常はno
   ::
>>> Enter the DNS information here: [Enter] --- ネームサーバを指定。/etc/resolv.confで指定してある場合はここでの指定は不要
   ::
>>> Please enter your PPPoE password: xxxxx [Enter] --- PPPoEの接続のパスワード
   ::
>>> Choose a type of firewall (0-2): 2 [Enter] --- ファイヤーウォールとして設定するなら2、ファイヤーウォールの設定が不要なら0、単独でこのマシンだけをPPPoEで接続するなら1.
** Summary of what you entered **
   ::
Ethernet Interface: eth1
User name: xxxxx@xxxx.xxx.xx
Activate-on-demand: No
DNS: Do not adjust
Firewalling: MASQUERADE

 
>>> Accept these settings and adjust configuration files (y/n)? y [Enter] --今まで設定よければy。
 
adsl-start
↑でつながるはず。念のためにifconfigでppp0がいるかを確認しておきましょう。

 

 
■IPテーブルをいじる
pppoeで直接つないでるので、サーバがwan側にさらけ出されている状態になっている。
セキュリティてきにあまり良くないので設定する。
/etc/sysconfig/iptablesを編集する  っが…
最初からiptablesファイルはいないので↓を実行
/sbin/service iptables save
保存されたiptablesファイルをnanode開く
nano /etc/sysconfig/iptables
中身を↓に書き換える。
 
# Firewall configuration written by system-config-securitylevel
# Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT - [0:0]
-A INPUT -j RH-Firewall-1-INPUT
-A FORWARD -j RH-Firewall-1-INPUT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i ppp0 -p udp -m udp --dport 5060 -j ACCEPT <--追加する。SIP(UDP/5060)
-A RH-Firewall-1-INPUT -i ppp0 -p udp -m udp --dport 10000:20000 -j ACCEPT <--追加する。RTP(UDP10000~20000)
-A RH-Firewall-1-INPUT -i ppp0 -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT <--追加する。外部に対し張ったセッションの戻り
-A RH-Firewall-1-INPUT -i ppp0 -j REJECT <--追加する。上記以外は全て拒否する。
-A RH-Firewall-1-INPUT -i lo -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 50 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 51 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp --dport 5353 -d 224.0.0.251 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 5060 -j ACCEPT <--注:ローカルでSIPを使うため
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 10000:20000 -j ACCEPT <--注:ローカルでSIPを使うため
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT
 

 

 

 
■DAHDIのインストール
Zaptelの代わりになるもので、1.4ではどっちでも使えるけど1.6からは使えなく成るので、
DAHDIを使っておく事にした。

 
早速DAHDIの入手!
 
tar zxvf dahdi-linux-2.2.1.tar.gz
cd dahdi-linux-2.2.1
make
make install
cd ../
 
最新バージョンのものを入手しましょう。今は2.2.1が最新な様なので↑をコピペしたらとってもカンタン!

 

 
■DAHDI Toolsのインストール
 
tar zxvf dahdi-tools-2.2.1.tar.gz
cd dahdi-tools-2.2.1
./configure
make
make install
make config
cd ../
 
最新バージョンのものを入手しましょう。今は2.2.1が最新な様なので↑をコピペしたらとってもカンタン!

 

 
■udevの調整
Asteriskをasteriskユーザで起動させるとき、DAHDIのパーミッションがいろいろと問題になるんでudevを調整しとく。
 
groupadd -g 5060 asterisk
adduser -g 5060 -u 5060 -d /var/lib/asterisk -s /sbin/nologin asterisk
 

 

 
■設定ファイルの編集
DAHDIの設定ファイルは /etc/dahdiにあります。今回はモジュールをロードするとこを編集するのでなかのmodulesファイルを編集します。nanoで/etc/dahdi/modulesを開きます。(viよりnanoの方がスキなので…)
nano /etc/dahdi/modules
今回は、アナログ回線やINS回線につながずにISPにつなぐのでdahdi_dummyをロードして他のモジュールはコメントアウトしておきましょう。
 
# Xorcom Astribank Devices
xpp_usb
     ↓
# Xorcom Astribank Devices
#xpp_usb  <--こんな感じで全部 # をつけとく
 

 
いらないのをコメントアウトしたら、dahdi_dummyをロードさせるところを一番下に追加。
 
# DAHDI Dummy
dahdi_dummy
 
ついかして Ctr+X で保存して終了したら
/etc/init.d/dahdi start
↑で起動させてみると、起動できるかやロードしているモジュールを確認できる。
 
Loading DAHDI hardware modules:
dahdi_dummy: [ OK ]

 
Running dahdi_cfg: [ OK ]
 
↑みたいに成ったらOK

 

 
■AsteriskにFUSIONのパッチを当ててみる(パッチを使わない方はスキップ)
これでFUSIONのIP網に入れるようになる。

 
 
wget http://www.asterisk-fusion..........(パッチファイルをダウンロード)
tar zxvf asterisk-1.4.26.3.tar.gz
tar zxvf chan_sip-1.4.26.3.tar.gz
cd asterisk-1.4.26.3
patch --verbose -p0 < ../chan_sip-1.4.26.3-20091119.patch
 

 
■Asteriskのインストール
↑でパッチを当ててない人はここからしましょう。
 
tar zxvf asterisk-1.4.26.3.tar.gz
cd asterisk-1.4.26.3
 

 
パッチを当てた人はここから
 
./configure
make menuselect
 
めにゅーがでるので、インストールしたいものを選んでください。
(通常はデフォルトのママでおk)
選んだら Q をおして Y で保存。
 
make
make install
make sample
make config
 
これでインストール完了!!

 

 
↓###パッチを当てた人は実行してください###
 
cp ../incoming.agi /var/lib/asterisk/agi-bin/
cp ../outgoing.agi /var/lib/asterisk/agi-bin/

 
chmod +x /var/lib/asterisk/agi-bin/incoming.agi
chmod +x /var/lib/asterisk/agi-bin/outgoing.agi
 

 

 
■Asteriskの音声を日本語にする
 
tar zxvf asterisk-sound-jp_14_beta.tar.gz
mv jp /var/lib/asterisk/sounds
 

 

 
■サンプルファイルを入手と元のサンプルファイルをバックアップ
 
cd /etc
mv asterisk asterisk.bak
mkdir asterisk
cd asterisk
tar zxvf conf-sample-1.4_01.tar.gz
 

 

 
■起動させてみる
 
/etc/init.d/dahdi start
asterisk -vvvvc
 
これで起動するはずです。

 

 

 
■コピペしやすいようにまとめとく
 
mkdir a
cd a
yum update
yum install gcc gcc-c++ kernel-devel ncurses-devel
yum install ssh
tar zxvf rp-pppoe-3.10.tar.gz
cd rp-pppoe-3.10/src
./configure
make
make install
cd ~/a
adsl-setup
 

 
 
/sbin/service iptables save
nano /etc/sysconfig/iptables
 

 
 
# Firewall configuration written by system-config-securitylevel
# Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT - [0:0]
-A INPUT -j RH-Firewall-1-INPUT
-A FORWARD -j RH-Firewall-1-INPUT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i ppp0 -p udp -m udp --dport 5060 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i ppp0 -p udp -m udp --dport 10000:20000 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i ppp0 -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i ppp0 -j REJECT

 
-A RH-Firewall-1-INPUT -i lo -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 50 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 51 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp --dport 5353 -d 224.0.0.251 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 5060 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 10000:20000 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT
 

 

 
 
tar zxvf dahdi-linux-2.2.1.tar.gz
cd dahdi-linux-2.2.1
make
make install
cd ../
tar zxvf dahdi-tools-2.2.1.tar.gz
cd dahdi-tools-2.2.1
./configure
make
make install
make config
cd ../
groupadd -g 5060 asterisk
adduser -g 5060 -u 5060 -d /var/lib/asterisk -s /sbin/nologin asterisk
nano /etc/dahdi/modules
 

 

 
 
# DAHDI Dummy
dahdi_dummy
 

 

 
④パッチファイルをを~/aにいれる

 

 
tar zxvf chan_sip-1.4.26.3.tar.gz
tar zxvf asterisk-1.4.26.3.tar.gz
cd asterisk-1.4.26.3
patch --verbose -p0 < ../chan_sip-1.4.26.3-20091119.patch
./configure
make menuselect
 

 

 
 
make
make install
make sample
make config
cp ../incoming.agi /var/lib/asterisk/agi-bin/
cp ../outgoing.agi /var/lib/asterisk/agi-bin/
chmod +x /var/lib/asterisk/agi-bin/incoming.agi
chmod +x /var/lib/asterisk/agi-bin/outgoing.agi
tar zxvf asterisk-sound-jp_14_beta.tar.gz
mv jp /var/lib/asterisk/sounds
cd /etc
mv asterisk asterisk.bak
mkdir asterisk
cd asterisk
tar zxvf conf-sample-1.4_01.tar.gz
/etc/init.d/dahdi start
asterisk -vvvvc

 
 

 

 

 

 
【参考資料】

 

閲覧(20529)
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
アバター
«前の月次の月»
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
アクセス数
1902276 / 日記全体
最近のコメント
hori さんの友人
RSS配信
hori さんの日記






Copyright (C) 2011 Cu-town. All rights Reserved. Powered by Cu-town 実行委員会.