ゆる~くつながる新感覚コミュニケーション♪

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


SSL パスワード紛失

新規登録
言語選択



 携帯からCu-townを使おう♪
携帯電話から上記QRコードを読み込むとアクセスできます。
TOP  >  日記  >  hori  >  マスコミなんてさ  >  スマートTV「NOTTV」ー有料課金テレビの文化は日本に根ざすのか?

hori さんの日記

 
2011
11月 7
(月)
18:55
スマートTV「NOTTV」ー有料課金テレビの文化は日本に根ざすのか?
本文
2012年4月からサービス開始が予定されているスマートフォン向け放送局「NOTTV」

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1110/14/news007.html

また例によって、
通信と放送が連携するよう設計されているだとか、有料コンテンツも用意していきたいだとか鼻息は荒いのだが・・・

 BS,CSサービスが開始されて以来、日本では有料放送ビジネスはことごとく失敗に終わっているといっていい。

大手キー局製作の番組でさえ制作費を切り詰めていることが画面からも読み取れるほど、放送不況の現代で、どこまで魅力的な有料コンテンツをそろえることが出来るだろう?

まずは、お手並み拝見というところでしょうか・・・ 
閲覧(15784)
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
Anonymous
投稿日時: 2011-11-7 20:35  更新日時: 2011-11-7 20:35
 テレビ局の状況
テレビ局の番組制作に対する投資は下がってきていますが、有料動画に関して言うと各社増資しているところが多いみたいです。

さらに配信動画の市場は放送市場の約2%であることから、有料課金のビジネスは草創期といえるでしょう。

notTVは否定的な見方が多いですが、私は日本の携帯文化は独特であることから成功の可能性は十分にあると思います。
返信



Copyright (C) 2011 Cu-town. All rights Reserved. Powered by Cu-town 実行委員会.